指導者検定受検者の皆さんに大変ご好評を頂いております『指導者検定受検サポートプログラム』を今シーズンも実施します。 今シーズン、正指、準指、認定指導員にチャレンジする皆さん、是非ご参加下さい。

内容

  • SAJ技術員を専任講師として、理論講習会から実技検定本番までメンバーの皆さんを全力でサポートします。また、メンバー専用のグループLINEを立ち上げ、メンバー同士が連絡を取り合ったり、講師にアドバイスを求めたり、検定の情報や練習会の予定などを共有出来るようになります。
  • 12月のシーズンインから、日帰り単発、週末連日、ナイター等で雪上練習会を開催します。 必要な技術要素をしっかりと身につけ、余裕をもって養成講習会や検定会に望みましょう 。
  • 協会行事(1月の横浜市民スキー教室、等)にて受検対策班を設定します。協会行事には本プログラム以外のお仲間やご家族も参加可能ですので、一緒に楽しくスキーを楽しみましょう。
  • 検定本番直前や本番当日には最後の仕上げのアドバイスやビデオ撮り等、誰もが緊張する場を皆様に寄り添いサポートします。

参加条件

  • SAK2020年度(SAJ2021年度)に正指導員、準指導員、認定指導員を受検予定の方。
  • 横浜スキー協会所属のクラブ員。尚、他協会のクラブ員の方も、所属協会・クラブの了解が得られている場合は参加可能です。
  • 本プログラムの趣旨を理解した上で、他の参加者や県連・協会等に迷惑を掛けない節度ある行動の取れる方。

申込み方法

以下アドレス宛に①氏名、②所属クラブ名、③住所、④連絡先(携帯番号等)、⑤メールアドレス、⑥受検する検定名、を記載の上、申込み下さい。

申込みメール送付先アドレス: edu-div@yokohama-ski.com

補足

  • 昨年度(SAK2019年度)3月の準指・認定指導員検定会は新型コロナの影響で中止となってしまい、その代替開催として今年度の1月に検定会が開催されますが、そちらを受検予定の皆様は昨年度から実施しております『2019年サポートプログラム』が継続となります。昨年度から運用されております2019年度受検者用のグループLINEにて連絡等が配信されますので、そちらをご参照下さい。
  • 今年度の協会行事は新型コロナ感染拡大予防のための各種措置を実施しながらの開催となります。よって、本プログラムも例年に比べ多くの制約条件がある中での実施となります。具体的には、練習会等は「現地雪上集合・現地雪上解散」での開催となるケースが多くなると予想されており、ご自身で(もしくはお仲間と一緒に)スキー場まで移動可能であること、宿泊先等をご自身で手配出来ることが参加の必須条件となってきますので、何卒ご理解・ご了承賜りたくよろしくお願い申し上げます。

(記: 教育部長 島村)