横浜スキー協会では、スキー指導方法と指導者としてのデモンストレーション技術を本格的に学習し、5年、10年後に指導者養成にも携われるスキルを持つスキーヤーを育成するため、「次世代指導者育成プログラム」を今年度から実施します。

 今年度は、検定対策企画である「指導者検定受検サポートプログラム」の合宿行事と並行して、指導者側の視点でスキー指導について理解を深めていただきます。

・シーズンインキャンプ(丸沼高原) 平成30年12月1日(土)~2日(日)

・指導者検定対策講習会(車山高原) 平成31年2月24日(土)~25日(日)

 具体的には、上記2行事において、受検班とは別に指導者班を設けて、講習の進め方、斜面とバリエーションの選択、安全管理、技術の着眼点、受講者へのコメント方法、指導者としてのデモンストレーション技術などを学習していただきます。

【参加資格】
 次世代指導者育成プログラムの参加については、将来的にクラブやスキー団体で活躍できる人材を育成することが目的であることを鑑み、年齢制限と所持資格を設定させていただきます。

年齢:40歳未満   資格:正指導員または準指導員を所持  
所属:横浜スキー協会加盟クラブに所属し、SAJ会員登録を維持していること

【プログラムへの参加登録について】
 本プログラムでは、行事参加のみならず、オフシーズンを含めた持続的な情報交換により、スキー指導への理解を深めるため、LINEグループに登録していただきます。

 プログラムへの参加希望は、メールにて、タイトルを「育成プログラム参加希望」、本文に「氏名、年齢、所持資格、所属クラブ」を記載の上、横浜スキー協会教育部 edu-div@yokohama-ski.comあてに送信してください。折り返し、LINEグループ登録の案内を送信します。